2019年8月のBSプレミアムシネマで観ておきたいおすすめ映画選

ちょっと前までジメついていたかと思いきや、急激に暑くなってきました。それもそのはずもう8月!夏です!真夏なんです!さてそんな8月のBSプレミアムシネマですが、今月は個人的に観たい映画がやや少なめ…。

そこで、お盆休みにはお出かけの方も多い中、暑いのはどうもニガテというおうち派のあなたのために、今回はGYAO!で8月に配信中のおすすめ映画も少し選んでみましたので、よろしければそちらもどうぞ。

 

ミッドナイト・ラン(MIDNIGHT RUN 1988🇺🇸)

8月2日(金) 午後1時00分-3時07分

ロバート・デ・ニーロ演じる賞金稼ぎの元警官と、マフィアの金を横領した心優しい会計士(チャールズ・グローディン)の珍道中を描いたアクション・ロードムービー。昨年も一度放映されましたが、見逃していたので楽しみです。ちなみにタイトルの「ミッドナイト・ラン」は『ちょろい仕事』って意味のスラングなんだとか。何だかおもしろそうです。

ミッドナイト・ラン ユニバーサル 思い出の復刻版 ブルーレイ【Blu-ray】 [ ロバート・デ・ニーロ ]
created by Rinker

スティング(THE STING 1973🇺🇸)

8月15日(木) 午後1時00分-3時10分

今年のお盆は、一年前の2018年8月に引退を表明したロバート・レッドフォード出演作の二本立て!なかなかニクいセレクションです。中でもこの「スティング」は『明日に向かって撃て』のジョージ・ロイ・ヒル監督&ポール・ニューマンとの再タッグで撮った犯罪コメディーということで、すごくおもしろそうです。

スティング【Blu-ray】 [ ポール・ニューマン ]
created by Rinker

華麗なるヒコーキ野郎(THE GREAT WALDO PEPPER 1975🇺🇸)

8月16日(金) 午後1時00分-2時49分

こちらも『スティング』に続き、ジョージ・ロイ・ヒル監督作。舞台は1920年代。空軍パイロットとして活躍した第一次世界大戦が終結した後も、空を飛ぶことに魅了され続けた男たちの物語。この映画は池波正太郎さんの映画本にも紹介されていて観たいと思っていたので、今回こそ必ず観ようと思います。

華麗なるヒコーキ野郎 [ ロバート・レッドフォード ]
created by Rinker

 

 

天国と地獄(1963)

8月19日(月) 午後9時00分-11時25分

こちらはプレミアムシネマで何度か放映されている、黒澤明監督による現代劇。黒澤監督がエド・マクベインの87分署シリーズの一篇『キングの身代金』という小説からインスパイアされて撮った作品だそうで、会社社長の息子を誘拐するはずが、運転手の息子が誘拐されてしまったという筋だそうです。お盆明けの放送ですが、2時間半の大作ですので、時間のあるときにご覧ください。

愛と喝采の日々(THE TURNING POINT 1977🇺🇸)

8月23日(金) 午後1時00分-3時00分

ハーバード・ロス監督作。バレエ界で活躍したかつてのライバル同士が再会し、その娘も巻き込みながら、再び友情を取り戻してゆく様を描いたヒューマンドラマ。シャーリー・マクレーンと『卒業』のアン・バンクロフトの共演ということで気になりました。何だか観る前から泣けそうな予感です。

愛と喝采の日々 [ シャーリー・マクレーン ]
created by Rinker

ハード・ウェイ(THE HARD WAY 1991🇺🇸)

8月26日(月) 午後1時00分-2時51分

『サタデー・ナイト・フィーバー』のジョン・バダム監督がお届けするアクションコメディ。今回はあのマイケル・J・フォックスがハリウッドスター役で、ジェームズ・ウッズ演じる刑事に、役づくりのため付きまとってドタバタという筋らしく、これも何だかおもしろそうです。

ハード・ウェイ【Blu-ray】 [ マイケル・J.フォックス ]
created by Rinker

 

以上、2019年8月にBSプレミアムシネマで放送予定の映画から、おすすめをご紹介致しました。

続いてGYAO!で8月に配信中の映画からのおすすめです。

 

 

アラン・ドロンのゾロ(Zorro 1975🇮🇹🇫🇷)

アラン・ドロンのゾロ (英語版+イタリア語版)【Blu-ray】 [ アラン・ドロン ]
created by Rinker

まで

ジョンストン・マッカーレーの小説『怪傑ゾロ』を原作とした映画で、アラン・ドロンの主演第50作記念映画。この映画は全く知りませんでした。せっかくのハンサムなお顔が仮面で隠れるのは残念ですが、アラン・ドロンって口元にもかなり特徴があって素敵なんですよね。あまり、配信などでも見かけない作品なのでこの機会に是非。

世にも怪奇な物語(Histoires extraordinaires 1968🇫🇷🇮🇹)

まで

エドガー・アラン・ポーの小説を原作とした3話のオムニバスで、第一話がロジェ・ヴァディム監督『黒馬の哭く館』、第二話がルイ・マル監督『影を殺した男』、第3話がフェデリコ・フェリーニ監督による『悪魔の首飾り』という非常に豪華な編成となっています。3話とも面白いのでまだの方は是非。

 

以上、GYAO!からもおすすめをご紹介致しました。

 

 

 

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. シネフィルKT より:

    こんにちは。暑いですね(^o^;
    情報助かります。
    8月も充実したラインアップ、とりだめしなきゃですね〜

    • yukico より:

      シネフィルKTさま
      こんにちは^_^
      ほんとに暑いですねぇ…。
      BSのほうはやはり戦争モノが多く知らない映画ばかりで、選ぶのが難しかったですが、いちお選んでみました〜。いつもありがとうございます(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です