2018年観た映画・良かった映画

 

平成最後の年末となりました。

今夜は私が今年観た全映画をリストアップし、その中から特に良かった映画を何本か選んでみました。2018年は、前半主に『ヌーヴェル・ヴァーグ』、後半には『フィルム・ノワール』と集中して映画を観てきて、なかなか充実した映画ライフが送れたように思います。

 

 

2018年観た映画・良かった映画

「マン・ハント」のジョーン・ベネット

※良かった映画は太字/赤文字は記事を書いたもの

  • 三つ数えろ(1946)
  • 恐るべき親たち(1949)
  • はなればなれに(1964)
  • パリはわれらのもの(1961)
  • いとこ同志(1959)
  • 男の子の名前はみんなパトリックって言うの(1959)
  • シャルロットとジュール(1961)
  • 水の話(1961)
  • 地下鉄のザジ(1960)
  • 唇によだれ(1959)
  • 勝手にしやがれ(1960)
  • 地下室のメロディ(1963)
  • 二十四時間の情事(1959)
  • 小さな兵隊(1963)
  • あこがれ(1959)
  • 大人は判ってくれない(1959)
  • 天使の入江(1963)
  • 美しきセルジュ(1958)
  • ミュリエル(1963)
  • 鬼火(1963)
  • バルダザールどこへ行く(1966)
  • ピアニストを撃て(1960)
  • 獅子座(1962)
  • 10億ドルの頭脳(1967)
  • 柔らかい肌(1964)
  • 修道女(1966)
  • 少女ムシェット(1967)
  • 危険な関係(1959)
  • 不滅の物語(1968)
  • 街の恋(1953)
  • マンハッタンの二人の男(1958)
  • 抵抗-死刑囚の手記より-(1956)
  • 泥棒貴族(1966)
  • パターソン(2016)
  • パーソナル・ショッパー(2016)
  • 去年マリエンバートで(1961)
  • 賭博師ボブ(1956)
  • モンソーのパン屋の女の子(1963)
  • シュザンヌの生き方(1963)
  • パリのナジャ(1964)
  • 紹介またはシャルロットとステーキ(1960)
  • コレクションする女(1967)
  • いぬ(1963)
  • リオの男(1964)
  • スリ(1959)
  • 三月生れ(1958)
  • ラ・ジュテ(1962)
  • カトマンズの男(1965)
  • キャバレー(1986)
  • ヘッドライト(1956)
  • モラン神父(1961)
  • サムライ(1967)
  • 軽蔑(1963)
  • 質屋(1964)
  • 恋人たち(1958)
  • 女は女である(1961)
  • ANNA(1967)
  • シェルブールの雨傘(1964)
  • 青春残酷物語(1960)
  • 豚と軍艦(1961)
  • パリところどころ(1965)
  • アデュー・フィリピーヌ(1962)
  • 大手飛車取り(1956)
  • ベルサイユのばら(1973)
  • 野獣の青春(1963)
  • 書を捨てよ町へ出よう(1971)
  • 水のないプール(1982)
  • アメリカの影(1959)
  • 二重の鍵(1959)
  • キングスマン:ゴールデン・サークル(2017)
  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017)
  • 気ままな情事(1964)
  • 拳銃貸します(1942)
  • 殺られる(1959)
  • ローラ殺人事件(1944)
  • 突然炎のごとく(1962)
  • 深夜の告白(1944)
  • 或る殺人(1959)
  • 白夜(1957/ルキノ・ヴィスコンティ)
  • 拳銃魔(1950)
  • 潜行者(1947)
  • 黄金の腕(1955)
  • マルタの鷹(1941)
  • ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984)
  • 山猫(1963)
  • かくも長き不在(1961)
  • ダウン・バイ・ロー(1986)
  • ストックホルムでワルツを(2013)
  • 幻の女(1944)
  • 郵便配達は二度ベルを鳴らす(1946)
  • アスファルト・ジャングル(1950)
  • ギルダ(1946)
  • 復讐は俺に任せろ(1953)
  • 見知らぬ乗客(1951)
  • 白熱(1949)
  • 上海から来た女(1947)
  • 希望のかなた(2017)
  • 気のいい女たち(1960)
  • 死の接吻(1947)
  • 湖中の女(1947)
  • キー・ラーゴ(1948)
  • 早春(1970/イエジー・スコリモフスキ)
  • 婚約者の友人(2016)
  • 聖なる鹿殺し(2017)
  • ハッピー・エンド(2017)
  • 拳銃の報酬(1959)
  • パーティで女の子に話しかけるには(2017)
  • 現金に体を張れ(1956)
  • 飾窓の女(1944)
  • 幕末太陽傳(1957)
  • 夜は千の眼を持つ(1948)
  • 夜の人々(1948)
  • ガス燈(1944)
  • 緑の光線(1986)
  • ニンゲン合格(1999)
  • テレフォン(1977)
  • ニッポン無責任野郎(1962)
  • 日本一のホラ吹き男(1964)
  • さよなら、僕のマンハッタン(2017)
  • 追跡(1947)
  • 大砂塵(1954)
  • 狩人の夜(1955)
  • 銀座っ子物語(1961)
  • 八月生れの女(1963)
  • 東京暗黒街・竹の家(1955)
  • 孤独な場所で(1950)
  • 暗黒街の弾痕(1937)
  • サンセット大通り(1950)
  • らせん階段(1946)
  • 私は殺される(1948)
  • M(1931)
  • アメリカの友人(1977)
  • 東京暮色(1957)
  • 早春(1956/小津安二郎)
  • お茶漬けの味(1952)
  • 影の軍隊(1969)
  • 仁義(1970)
  • 海の沈黙(1947)
  • 恐怖のまわり道(1945)
  • 狼は天使の匂い(1972)
  • 狂った夜(1959)
  • 恐怖省(1944)
  • マン・ハント(1941)
  • 哀愁の湖(1945)
  • 疑惑の影(1943)
  • 三十九夜(1935)
  • 木と市長と文化会館/または七つの偶然(1993)
  • 暗黒街のふたり(1973)
  • 大冒険(1965)
  • ミクロの決死圏(1966)
  • 絞殺魔(1968)
  • サタデー・ナイト・フィーバー(1977)
  • 大運河(1956)
  • 女は抵抗する(1960)
  • 不倫(1965)
  • その夜は忘れない(1962)
  • チャタレイ夫人は日本にもいた(1953)
  • 雨の訪問者(1970)
  • パリは霧にぬれて(1971)
  • リスボン特急(1972)
  • 恐るべき子供たち(1950)
  • 晩春(1949)
  • ガラスの鍵(1942)
  • 青い戦慄(1946)
  • 非情の罠(1955)
  • 十字砲火(1947)
  • 闇の曲がり角(1946)
  • 失われた週末(1945)
  • 暗黒への転落(1949)
  • 拾った女(1953)
  • 悪徳の栄え(1963)
  • 過去を逃れて(1947)
  • この手紙を読むときは(1953)
  • 嗚呼!おんなたち猥歌(1981)
  • キャット・ピープル(1942)
  • 都会の叫び(1948)
  • ロープ(1948)
  • 市民ケーン(1941)
  • 探偵物語(1951)
  • 真昼の暴動(1947)

以上182本でした。

大体2日に1本くらい映画を観たことになるわけで、今年は結構たくさん観たほうだと思います。ヌーヴェル・ヴァーグが37、フィルム・ノワールは50本、ジャン=ピエール・メルヴィル監督作が11本でしたが、それ以外の映画を案外観ていたことに自分では驚きました。

良かった映画について何か書こうかとも思いましたが、結局『良かった』ばかり連発してしまいそうですのでやめときます。

それではみなさま今年もありがとうございました。良いお年を。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です